auのiPhone 5Sを格安SIMに乗り換えして携帯代が千円台に!メリットデメリットは?

マイネオsimカード

スポンサーリンク


私コマキはずーっとauの携帯を使ってきました。大学生か社会人辺りからなので、多分もう15年以上、、、。

確かauにしたきっかけは当時付き合っていた人がauで、au同士なら通話料金やメール料金が無料になるからだった気が、、、そこまでした割にそいつとはすぐ別れました。

現在の機種はauのiPhone 5S。かれこれ2年以上使っており、機種代金は払い終わっています。

そんな慣れ親しんだauですが、思い切ってMNPMobile Number Portability=電話番号をそのまま引き継いで他社に乗り換えることすることにしました。

そうすることにより、今使っているau iPhone 5Sのままで月々の料金が1,000円台になると知ったからです。
スマホって通話料の他にデータ通信の料金が加わるので月々の支払いが高いですよね。

フルタイムで働いている為、日中にスマホで通話なんてほとんどしません。
保育園から息子発熱で呼び出しの電話を受ける位、、、。

 

後は通勤電車と会社の昼休みにインターネットをする程度ですが、それでも毎月6,000円ほどかかっています。

独身時代や子供なしの新婚時代ならまだしも、そして何よりガラケーならもっと安いのに贅沢品じゃない?

今そんなお金があるなら子供の為に貯金の一つでもしたい!

とずっともやもやしていたのです。

CMでよく見かけるワイモバイルや楽天モバイル等の格安スマホに変えてしまおうかと考えていたのですが、androidのスマホって使ったことないし、どの機種が良いのかもよくわからない、、などと躊躇していた矢先、自分の使っているauのiPhone 5Sに対応している格安SIMを発行している会社があることを知りました。

ということは、新しくスマホを買わなくても良い!

調べたところ、メリットとデメリットはあるようなのですが、

今使ってるau iPhone 5Sのまま月々の料金が1,000円台になる!

この事実のインパクトが大きくて、思い切って乗り換えることにしました。

乗り換え位にあたり、私自身スマホに疎い主婦ですので、知識が全然なくてわからないことだらけでした。
そんな方のお役に立てるように、なるべく必要なことだけわかりやすくお伝えできたらいいなと思ってます。

スポンサーリンク

MVNO、格安スマホ/SIM って何?

MVNOってなに?なんで安いの?

格安スマホについて調べるとやたら出てくるのがこの「MVNO」という文字、、、。

どういう意味なのだろう、そもそもなんて読むのだろう、、、。

「エムブイエヌオー」と読みます。

NTTドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアから通信インフラを借りてサービスを提供している会社のことを指します。
自社で回線を引かず、キャリアから回線を借りて通話やインターネット通信のサービスを行っているんですね。

MVNOで扱っているのがいわゆる格安スマホや格安SIMです。

でも「回線を借りているなんて逆に料金が高くなるんじゃないの?」と思いますよね。

回線を貸すと言っても小さな単位で分割して貸しているのです。簡単に言うと全く同じ条件で使えるというわけではなく、混雑している時には大手キャリアで契約している人に優先権があります。

ざっくり言うと例えばau系のMVNOだと電波の入り具合などは auとほとんど一緒、通話の音質なども同等なのですが、12時から13時のお昼休み等、多くの人が一斉にインターネットを使う時間だとauよりもネットが遅くなる、、、というようなイメージです。

更にMVNOはソフトバンク、docomo、auなどの大手キャリアと違って基本的に店舗を持っていません。
最近は少し見かけるようになりましたが、大手キャリアの店舗数には遠く及びません。

サポートサービスなども基本的にはなく、自己責任という形になります。

携帯が壊れてしまった時に代替機を貸してくれたりもしません。
新しく携帯を買う、街の修理屋さんに行く、ネットで調べる、中古の端末を買う、、、など基本的に自分で何とかするしかありません。

人件費や設備費を削ることによって通信費を安価に設定できるんです。

ですので「困ったことがあったらとにかく近くのショップに持ち込んで何とかしてもらいたい」というような方には向いてないです。

私は、、、というと、ガラケーの時代からiPhoneの現在まで、携帯を壊したことも落としたこともほとんどなくてショップにお世話になるのは機種変更の時位でした。ですのでauの手厚いサポートサービスもはっきり言って宝の持ちぐされ、、、。

auに比べてネットがつながりにくかったとしても、スマホでネットなんて通勤電車と昼休みしかしないし、家に帰ったらWi-Fiで繋がってるし、、、、じゃあMVNOで充分だ!!

と、この時点で乗り換えを決意しておりました。

SIMってなに??

SIMというのはスマホやガラケーの中に入っている、薄くて小さいカードのことです。SIMカードとも言います。

携帯電話番号などの個人情報が入っていて、これがないと通話やネットができません。

機種変更などで携帯ショップに行った時に、お店のお姉さんが古い機種から新しい機種に小さなカードを入れ替えるところを見たことはないですか?あれがSIMです。
スマホも新しくするならスマホとSIMを購入する必要があるのですが、私はもともと持っているauのiphone 5sをそのまま使いたかったのでSIMだけを購入する必要がありました。

mineo(マイネオ)にした理由

楽天モバイル、ワイモバイル、UQモバイルなどたくさんのMVNOがありますが、MVNOで出しているSIMならなんでもいいのではなくて、auのiphone 5sに対応したSIMを販売しているMVNOは限られているようです。

少なくともauから回線を借りているMVNOでないとダメ。

しかもざっとインターネットで調べた感じ、auのiphone5Sに対応とがっつり公式サイトに書いてあるMVNOはmineo(マイネオ)だけでした。

テレビでよく観るUQモバイルもau系の MVNOなのですが、対応機種に記載なし。

もっと詳しく調べたら他にも対応しているMVNOはあったのかもしれませんが、マイネオのプランも充分過ぎるほど安くて魅力的だったので、あまり深追いはせずマイネオに決定。

スポンサーリンク

au iPhone 5Sでmineo(マイネオ)を使うメリット

通信費が安く、プランもわかりやすい

データ容量  500MB 1GB 3GB 5GB 10GB
料金  700円 800円 900円  1,580円 2,520円

これがマイネオのデータ通信のみの場合の料金プランです。

私はauの時も2GBを余してる位だったので、すんなり3GBに決定。

音声通話を付けたい場合はプラス610円。

つまり、、、月々1,510円!!

や、、、安い!今までより5,000円近く安い!!
年間だと6万円の差です!!

こちらから電話をかければ通話料金は加算されますが、受けるだけなら基本的に1,510円で済んじゃうってことです。
ちなみにプラス料金で5分間かけ放題や定額通話のプランもあったのですが、最初はとりあえず何も付けないで使って様子を見ることにしました。

2年縛りがない

大手キャリアで煩わしい点の一つに2年縛りが挙げられると思います。
契約してからちょうど2年の月に解約しないと違約金を取られますよね。
解約を阻止しようとする魂胆が見え見えであまり気持ちの良いものではありません。

マイネオでは2年縛りがありません。使ってみて不満があればいつでも違約金なしで解約できます。

同じ MVNOでもUQモバイルなどは2年縛りがあるので、良心的な会社と好感度が上がりました。

au iPhone 5Sに公式対応している

au iPhone5Sに対応と公式サイトに記載がありました。

ネット上には対応と書いていない他のMVNOのSIMでも使ってみたら使えたという記載もありましたが、やっぱり公式に対応をうたっているのは安心できて良いですよね。

マイネ王というサポートコミュニティが充実している

マイネオにはマイネ王という変な名前のコミュニティサイトがあります。

名前は変ですが(しつこい)ユーザー同士の交流や情報交換の場として設けられており、不具合や疑問点などはサイト上で質問すると同じような環境で使っている人が答えてくれます。過去ログも充実しており、大体の問題点は過去ログから解決できます。
だらだらっと読んでても面白いです。

マイネ王

フリータンクで余ったパケット(データ通信量)を分けあえる

これすごく面白い!

簡単に言うと、マイネオのユーザー同士で余ったパケットを分けあえるサービスです。

マイネオにはフリータンクというマイネオユーザーのパケット共有貯蔵庫があります。
その月のパケットが余った人はフリータンクに入れ、逆に足りない人はフリータンクから引き出すという助け合いのシステムです。

家族同士でパケットを分け合えるサービスはどこでもありますが、ユーザー同士というのは新しいですよね。
面白いことを考えるなあと感心しました。

マイネオ フリータンク

このようなユーザーの善意によって成り立つサービスが今度どのように展開してゆくのかも興味深いです。

スポンサーリンク

au iPhone 5Sでmineo(マイネオ)を使うデメリット

テザリングができない

テザリングというのはスマホをWi-Fiのルーターのように使う機能です。

ノートパソコンなどを外出先などのインターネットが繋がらない場所であっても、スマホを介してインターネットに繋げることができるのです。

マイネオでもテザリングに対応している機種はあるのですが、au iPhone 5Sでは対応していないのです。

ただ私は前述の通りフルタイムで事務職ですので、外出先でテザリングなんてできなくても全く問題なし!

この点に関してはデメリットになりませんでした。

キャリアメールが使えない

いわゆる、@ezweb.ne.jpやdocomoなどのキャリアメールが使えなくなります。

スマホ同士ならLINEやfacebookのメッセンジャーがありますが、ガラケーの人とのやり取りはメールがやっぱりメインですよね。

ちなみにマイネオにすると@mineo.ne.jpというメールアドレスが付与されるのですが、このアドレスはパソコンのメールアドレスという扱いになっているようで、ガラケーなどに送っても受信されない場合が多いみたいです。ガラケーの相手に@mineo.ne.jpのアドレスを受信できるように設定を変更してもらう必要が出てきます。

あんまり親しくない人にそんなことお願いしにくいですよね。

私は周りにいるガラケーの人が幸運なことに母と義母の二人だけだったので、直接お願いしてこの問題はクリアできました。

スポンサーリンク

au iPhone 5Sを格安SIMに乗り換えるメリットデメリットのまとめ

通信回線の優先順位はauにあるので、とにかく出先でスマホをネットに頻繁に繋げる方、動画サイトなどをよく閲覧する方には向いてません。
→裏を返せば休み時間などにさらっとSNSをチェックする程度の方なら全然問題はないと思います。

auのサポートなどの手厚いサービスが受けられなくなります。
→何か困ったことがあったら自分で調べてみようという方や、長く使っているから壊れたら買い替えちゃおうと割り切れる方には手厚いサービスってあっても無駄ですよね。その分安くなるならメリットの方が大きいですね。

@ezweb.ne.jpなどのキャリアメールが使えなくなります。
周りにガラケーが多い年配の方などはちょっと厳しいかもしれませんが、LINEやメッセンジャーがメインの方は問題ないですよね。

テザリングが使えません
そもそもテザリングって何?という方は問題ないのでスルーしましょうw
テザリングが必須の方は非公式ながら方法があるようなので自己責任で行うか、他のMVNOを選択するしかなさそうです。

というわけで上記のデメリットが特に問題ないのであれば、au iPhone 5s に対応している MVNOとしてサービス内容、マイネオがおすすめです。
私も乗り換えて一ヶ月が経過しましたが、特に不具合はなく快適ですよ!

次は乗り換える際の手順などをレポートしてみます!

スポンサーリンク